不安定な時代にこそグループホーム経営を

2020年 4月16日   賃貸経営と節税について


不安定な時代にこそ障害者グループホーム経営を


世界が混乱している昨今、
今後、更に不安定な時代になっていくことが想定されます。


先回の記事では、障害者グループホームは行政から守られていることを
お伝えしました。


障害を持たれている多くの方は、金銭的に豊かでない方が多いのが実情です。
障害を持たれている方の精神性はとても高く、金銭にとらわれない、
それ以上に豊かな心を持たれている方も沢山居られます。


金銭にとらわれないとしても
生きていく為に金銭は必要になります。
自身では稼げない方も多く居られます。


そうしたこと含めて、保護されております。
世の中では、金銭的に稼げる人の意見が尊重されがちな傾向があります。
しかし、それだけではないのではないでしょうか。


障害を持っている為に、働けない方もおります。
また、上手くできない、または、サポート環境が少ない、など。


そうした環境をどう保護していくか?
今は、企業も含め、一昔前に比べると進化していて、
障害者の就労や自立の環境も良くなってきております。
そうした意味では、更なる進化を期待したい所であります。


弊社では、『障害を持たれている方が一人でも多く納税者に成れる』様な
就労・自立支援を行っております為、そうした環境整備もささやかながら活動をしております。


障害者グループホームは、自立に向けた支援施設であります。
日中支援型と重度対応型とありますが、
可能な限りの自立支援を行う事には変わりありません。


時代は進化しております。
精神性も高まっている時代です。
障害者への偏見も、今後は今まで以上に少なくなっていくと想定されます。


これからの時代に
求められるグループホーム、皆さまのご賛同が頂ければ何よりです。


次回は、どの様にグループホームと関わるか?
についてお伝えさせて頂きます。




弊社グループホーム、障害者事業所の近況

2020年 4月14日   開発現場のリアル知識


緊急事態宣言が発動され
多くの方の活動が自宅となっている中、
弊社運営のグループホーム、福祉事業所も
最大限の注意を持って対応しております。


管理者会議では
様々なパターンを想定して、
緊急時に対応できる様に体制づくりを行っております。


当然、不要不急の外出を控えることは
大前提とし、免疫を高める為に、食事、及び、睡眠時間を
しっかり確保するなどしております。


また、行政からはマスクの至急も行われました。


障害者施設ということで守られているという印象を受けております。


こうした事態の中、
私たちは、利用者様の安全確保に最大限の注意と
合わせ、それを行う体制づくりを行っております。


その他、
教育・療育事業所、企業就労支援事業所も同じく
行政と連携して、利用者様の動きを確認し合い、
適切な動きをしております。


障害者施設は、行政から保護されており
とても心強く感じております。


皆さまも十分、お気を付けください。




地主様の悩み 節税 名義 1-④

2020年 4月10日   賃貸経営と節税について


地主様の悩み 節税 名義 1-④


一般的に不動産を所有する場合に
名義を誰にするのか?
という事だけでも納税額は異なります。


これは、不動産全般に言えることで、新規に障害者グループホーム
を計画する際にも同じことが言えます。


具体的には、ご夫婦のどちらかでグループホームを所有したとします。
簡単に言うと、累進課税であることから、ご夫婦どちらかの年収が少ない方の
名義にした方が所得税額は節税になります。


とても簡単な事例ですが
名義ひとつでも税金は変わります。


もちろん、土地所有はどちらになるのか?
相続はどうするのか?
様々な要因がありますが、
総体的な視点で観て判断することが重要です。


様々な情報を組み合わせて精査し
より良い判断をすることが重要と言えるのです。


表紙 kikenn .JPG



前の記事 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19

 


レインボーズアパートメント