地主様の悩み 所得分散 障害者グループホーム建設に辺り

2020年 5月13日   賃貸経営と節税について


地主様の悩み 所得分散 障害者グループホーム建設に辺り


税金対策として
所得分散は必須項目となります。
最初から配偶者・子などの名義で建てるケースの資金の
流れですが・・・

子に資金がない場合、
子が親から借金をする、契約書を交わし、且つ、利息も発生し
計画的に返済を行う。


これにより子には家賃収入を発生させることが出来ます。
=子の収入を上げ、親の手持ち資金を減らすことが出来ます。


借入れは金融機関と思いがちですが、
親子間でも問題ありません。

入口の段階で、登記と資金の流れの設定が
重要になります。


障害者グループホームの建設においては
建設に至るまでにどの様に資金を計画するか?
相続や節税対策も課題と言えます。


私共では、いつもご相談頂く皆さまから
様々な具体的なプランをご提示し
得する計画のサポートを行っております。


表紙 kikenn .JPG




地主様の悩み 税金・不動産所得の経費

2020年 5月12日   賃貸経営と節税について


地主様の悩み 税金・不動産所得の経費


地主様の不動産に対しての税金は、固定資産税があります。
これは、ただの更地でも土地を持っていれば払う必要があります。


これを駐車場にすると、固定資産税を経費計上できる様に
なります。


土地は有効活用して、お金が残る様になってきます。
まずは、不動産投資の最初の一歩にあたります。


借金をしてアパートを建てると利息は経費になります。
その他、駐車場にするよりも建物を建てた方が
税制的にも有利になります。

固定資産税、利息、減価償却費が経費となります。


これが自宅の場合ですと
固定資産税も経費計上にはならず、
ローン返済もそのままの状況となります。


この様に、土地は活用してよりキャッシュも
活きてきます。


東京都23区内などは、
特に土地価格も高く、それなりの活用をしないと
厳しい状況になります。


賃貸住宅はそれなりの優遇にはなりますが、
しかし、それは満室などがあってのこと。


この前提が崩れない不動産投資が
必要となりますが、厳しい賃貸事情ですので
安定した障害者グループホーム経営が
一層求められているのです。


表紙 kikenn .JPG




賃貸併用住宅から障害者グループホーム併用住宅に

2020年 5月 1日   開発現場のリアル知識


変換 ~ 大森東.jpg


賃貸併用住宅から障害者グループホーム併用住宅に


近年、地主様でアパート活用を検討している方で
その先行きの不安を意識されている方が増え続けております。


今までは土地がひとつしかない場合には
賃貸併用住宅がひとつの投資方法でした。
賃貸を建てて、自宅の建築費負担を減らす、という事でした。


添付の写真は、それをグループホームにした場合
グループホーム併用住宅にした実際の施工写真です。
場所は東京都23区内となっています。


グループホームは
一般賃貸住宅と比較しても、長期借上げになりますので
安定した高収益を維持し続けます。
また、自宅を建ててホームを併設すれば、更に、現金が残ります。
毎月、年金がプラスされます。


この不安定な時代に
安定した収益を確保したい、
そうしたオーナー様にはお勧めと言えます。


表紙 kikenn .JPG




前の記事 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

 


レインボーズアパートメント