• HOME
  • 新しい賃貸活用法

どの様な活用方法が良いかは、何を選ぶかによる3


それでは、一般賃貸・アパート経営に変わる活用法として
次は、戸建て賃貸をみていきたいと思います。

戸建て賃貸は、利用者様からすると
人気がある賃貸となります。

賃貸住宅の一番の問題は、音の問題であったり
暑さ寒さの問題です。

プライベート感に直結する音の問題は
非常に重要な問題です。

そうした意味では、全国的に観ても
ニーズがあります。しかし、土地の値段や建設費の値段に
より投資価値という結果に結びつきます。
例えば東京都23区内の土地の高い地域での計画は
現実的でありません。そうした場合は、違う投資法の方が
より収益を生みやすいと言えます。

建築費が抑えられれば利回りも
上がりますのでその辺りも重要な点になります。

現在、一般の賃貸住宅経営を懸念されているオーナー様
が増えている中、エリアによって戸建て賃貸は数少ない
有効な土地活用のひとつと言えます。



危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??



どの様な活用方法が良いかは、何を選ぶかによる2


アパート経営に危機感を感じるオーナー様
や既存住宅を活用する方法として検討されるシェアハウス(ゲストハウス)
ですが、私自身も外国人のみを対象にして時代から経営を
してきております。

外国人のそうした活用法が、日本でも少しづつ知られるようになり
日本人のシェアハウスも今は当たり前の選択肢になって
きています。

それでは、シェアハウスの良い点とそうでない点を
具体的にお伝えしていきます。

良い点は、既存住宅を変えられる点があります。
しかし、この辺りはグレーな部分でもありますので
もし、これを読まれているオーナー様が検討されている様
であれば、十分、安全性や住み心地の良さにこだわってください。
シェアハウスは、今現在でもグレーな状況で営業している所も
あると思いますので十分注意をしてください。

更にオーナー様メリットとしては
水回りが共有の部屋貸しの為、収支効率は一般のアパート
よりも良くなりがちです。(広さや条件などにもよる)
しかし、募集方法がNETなどが主流な為、
自らの手間が掛かるというデメリットもあります。
これを管理会社にも任せることも出来ますが
管理費という経費が発生しますので微妙な所です。

私自身も本業が忙しくなると
シェアハウスの業務もそれなりの負担になっていた
という事実があります。

そうした点から総合的に観ると
現在、飽和状態であるシェアハウスを運営するには
それなりの手間暇をかけて満室を維持するという
努力が必要と言えます。

今では、シェアハウスのサイトを観ると
どのシェアハウスも空室が目立っているからです。




危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??



どの様な活用方法が良いかは、何を選ぶかによる


様々な賃貸活用法がある中で
どの様な活用法を選ぶかは、オーナー様が
何を求めるかによります。

例えばシェアハウスで活用したい場合、
そこには入居者との関わりがある場合もあります。
または、オーナーが直接リフォームに関わるなど、
どの様な規模感でやるかによって
関わり方も異なります。


そうしたことは、
オーナー様が何を求めるか?
によって変わってきます。
私自身も外国人を対象にしたゲストハウスを
経営したこともあります。

競合も少なく、家賃も高めの設定で
運用しました。

参入障壁も高いので
ビジネス的には安定しがちでしたが
法的な問題も整備されていない状況であった事
また、関わりも大変であったことなどから
その事業は途中から一般的な
日本人を対象にしたシェアハウスに変えました。


まさにオーナーが何をしたいか?
これにより選択幅は広がります。



危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??