建築難の土地 建築の方法②



こんにちは。
ユリです。
建築が難しそうな土地、前回は崖地についてふれましたが、
前面道路が狭い土地についてご説明させて頂きます。


新たに建物を建てようとする場合、前面道路が狭い道路ですと、その状態では建築確認が下りないのはご存知の事かと思います。
前面道路が4M未満の道路の場合(狭隘道路また、2項道路とも呼びます)セットバックといって敷地の一部を道路として提供する必要性があります。


当然ながら、土地から道路提供部分を除いた土地が建物を建てられる有効宅地面積となり、この有効土地面積に対して指定の建蔽率・容積率を乗じて建築できる建物の大きさが決まります。
気をつけて頂きたいのは低層住居地域における斜線制限です。
低層住居地域は斜線制限が厳しく、建物の高さや屋根の形状の制限を受けやすい地域といえます。
特に道路斜線制限は前面道路の幅員によって建物の大きさ・形状に左右されますから土地の有効活用の為にはしっかりと設計をする事が必要不可欠となります。
設計の精度により収納スペースが生まれた、部屋が1つ作れたなどよくある話でございます。



8080fcea-44e1-4538-a61c-7bd52b9f52bc.jpg

危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??

地主様・大家様 必見!不安定な時代にこそ求められるグループホームの最新情報

  • グループホーム経営情報
  • グループホーム開発現場情報
  • グループホーム運営現場情報
  • グループホーム市場動向情報
  • グループホーム入居者募集情報
  • グループホーム運営スタッフ募集情報

施設案内・ご入居の募集・スタッフ募集の最新情報