非常事態時、安定した賃貸収入について考える

2020年 5月14日   市場動向とニーズ分析


障害者グループホーム
非常事態時の安定した賃貸収入について考える


今回の緊急事態宣言下、
コロナウイルスでは、投資に対しての考え方も
参考になる面が見受けられております。


国が緊急事態に陥った際、
ロックダウンなどの際、
今回、様々な仕事のあり方について
多くの方は考えられたと思われます。


こうした非常時にて
影響を大きく受ける職種と受けにくい職種が
あったと思われます。


まさに飲食店を経営されていると
大変な状況下であります。少しでも早く終息して
もとの事業を取り戻してほしい、と願うばかりであります。


賃貸経営においては、
テナント貸しの場合は、家賃交渉を行い
少しでも軽減ということになっております。


一般的な賃貸アパートなどは
まだ、その影響は受けているケースは少ないと
思われますが、こうした事態が長引くと、当然、家賃の引き下げ
などの影響も考えられます。


障害者グループホームは
そうした中でも、影響は出にくいと考えられます。
理由は、障害年金がベースになっており、
それを管理しているのがホーム管理者であるケースが
殆どだから、です。


そうした意味でも
障害者グループホーム賃貸経営は、
オーナー様も保護されると言えるでしょう。


一般的な様々な賃貸活用、土地活用において
非常事態宣言下において、
今まさに、実感できることであります。


深く理解すれば理解するほど、様々な視点から観ても
障害者グループホーム経営はオーナー様、地主様にとって
より優位性のある投資であることは間違いないと
言えます。


表紙 kikenn .JPG