★⑤「まず保証ありき」ではなく、長期にわたり魅力的なアパートづくりを



ここまでの内容をまとめると、アパート経営で「30年保証があるから安心」というのは危険だということです。大切なのは、これまでの考え方を改めて「うちは将来ずっと安定経営が見こめるアパートだから30年も保証がつけられる」というような方向性で考えることです。では、長期にわたり魅力を保ち続けるアパートをつくるため、オーナーは何を心がければいいのでしょうか。

ポイント1、オーナーが自分で調べる。

建築基準法や宅建の勉強をすすめているのではありません。例えば、自分が建てようとしているアパートから半径1㎞内に、どんなアパートがどんな家賃で出ているかを調べて歩いてみましょう。あるいは役所に出かけて、その地域の人口動態を調べてみてもよいです。これだけでも、自分が建てようとしているアパートに対する見方は大きく変わってきます。
サブリースの家賃保証額は、周辺の家賃相場を元に決められています。物件オーナー自身がきちんと周辺の家賃相場を把握していないと、相場とかけ離れた低い家賃保証額で契約を結んでしまう可能性もでてきます。



危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??