どの様な活用方法が良いかは、何を選ぶかによる

2019年 2月12日   市場動向とニーズ分析


様々な賃貸活用法がある中で
どの様な活用法を選ぶかは、オーナー様が
何を求めるかによります。

例えばシェアハウスで活用したい場合、
そこには入居者との関わりがある場合もあります。
または、オーナーが直接リフォームに関わるなど、
どの様な規模感でやるかによって
関わり方も異なります。


そうしたことは、
オーナー様が何を求めるか?
によって変わってきます。
私自身も外国人を対象にしたゲストハウスを
経営したこともあります。

競合も少なく、家賃も高めの設定で
運用しました。

参入障壁も高いので
ビジネス的には安定しがちでしたが
法的な問題も整備されていない状況であった事
また、関わりも大変であったことなどから
その事業は途中から一般的な
日本人を対象にしたシェアハウスに変えました。


まさにオーナーが何をしたいか?
これにより選択幅は広がります。