賃貸住宅・空室問題に対応するには?

2019年 1月31日   市場動向とニーズ分析


前回、公益法人の調べをご紹介しました。

その問題のひとつが『空室問題』です。

以前にもお伝えしましたが、都心でも
特に駅から10分を超える賃貸住宅の空室が
目立ち始めています。

空室問題の他に、家賃滞納、管理費負担増、リフォーム負担増、
年収低下に伴う家賃の引き下げなども問題となっているそうです。

そうした際に
今まで通りのことをしていても
大丈夫なエリアとそうでないエリアに分かれます。
様々な活用が行き詰まる中、
新たな活用法が求められています。

老人ホーム、児童養護施設、戸建て賃貸など。

どの様な活用法をしていくかについては
様々な検証が必要となります。