注目されつつある狭小賃貸



満室賃貸経営に欠かせない事が
アイデアです。

何の特色もない賃貸が空室になることは
当たり前の事と言えます。
特に駅から遠いとなおの事。


時代を観ることの重要性は、以前、お伝えしました。
では、今後の日本はどの様になっていくのか?

ここは、明らかに『年収低下であり、生活が厳しくなる』と
多くの人が感じていると思われます。

先日、テレビで放映されていましたが
都心部で『狭小賃貸』が人気が高まっている、との事でした。
これは、明らかに時代を反映したものですね。

最低限の居室の広さ確保や採光確保などの
建築の制限をクリアすれば
立派な今のニーズであることは間違いありません。


私も賃貸経営者の一人ですが、
こうした狭小賃貸に関しては、既に15年前から取り組んで
いました。詳細に関しましては、またの機会にお伝えしますね。


これからの賃貸は特色が必要です。

社会貢献と賃貸経営を両立する

↓ ↓ ↓
https://www.b-tech-o.com/ffex/index.php?form=group_home







危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??