金融機関への事業説明をしっかりと行う



賃貸住宅などでも
一般のアパートなどは融資担当の方は
理解していますが、少し異なる賃貸住宅の場合、
土地活用商品(高齢者向け施設や児童養護や障害者施設)など
は担当の方や決済権のある方などが深く理解していない
ケースがあります。

そうした場合、金融機関への説明をしっかりとすることが
重要になってきます。

市場動向や需要・供給状況、事業の見通しなどを
明確化させて説明することで
確実に融資が降りやすくなります。

地主様の説明では至らないケースも
多く、私が事業説明に同行したことが幾度となく
あります。

要するに、
投資への安全性をいかに上手く伝えることが出来るか、
ということが融資を可能にする大事な要素と
言えます。