• HOME
  • 融資対策
  • 金融庁の引き締めにより融資が降りにくい時代に

金融庁の引き締めにより融資が降りにくい時代に



金融機関への融資を実現させるために。


レオパレスオーナー様の集団訴訟問題、
かぼちゃの馬車問題など、
現在、賃貸の家賃保証会社の各種問題が社会問題化して
金融庁も個人投資家さん向けの融資を厳しくする様に
なりました。

また、シェアハウスなどの融資も明らかに
厳しくなりました。

融資を行う金融機関としては
かなり融資先が減ったことになります。

現在、優良な物件には
金融機関は積極的な融資を希望しています。

土地などの担保がしっかりしている事が
そもそもの前提となりますが、
しかし、金融機関の融資を通していく大前提は
多くの金融機関にあたっていくことが
重要になります。

地主さんというよりも不動産投資家さんの場合も
最初の頃は、金融機関との取引きを
行うために多くの金融機関に話を持って行きます。
そして、融資の道が出来て行きます。

これに関しては
今も少し昔も変わりません。

私自身の経験からもそのように考えます。
ひとつやふたつで諦めずに
常に話を持っていくことで
より融資が降りやすくなります。