• HOME
  • 融資対策
  • 金融庁の引き締めにより融資が降りにくい時代に

金融庁の引き締めにより融資が降りにくい時代に





金融機関への融資を実現させるために。


レオパレスオーナー様の集団訴訟問題、
かぼちゃの馬車問題など、
現在、賃貸の家賃保証会社の各種問題が社会問題化して
金融庁も個人投資家さん向けの融資を厳しくする様に
なりました。

また、シェアハウスなどの融資も明らかに
厳しくなりました。

融資を行う金融機関としては
かなり融資先が減ったことになります。

現在、優良な物件には
金融機関は積極的な融資を希望しています。

土地などの担保がしっかりしている事が
そもそもの前提となりますが、
しかし、金融機関の融資を通していく大前提は
多くの金融機関にあたっていくことが
重要になります。

地主さんというよりも不動産投資家さんの場合も
最初の頃は、金融機関との取引きを
行うために多くの金融機関に話を持って行きます。
そして、融資の道が出来て行きます。

これに関しては
今も少し昔も変わりません。

私自身の経験からもそのように考えます。
ひとつやふたつで諦めずに
常に話を持っていくことで
より融資が降りやすくなります。








危険な賃貸経営、行き詰る賃貸経営を回避する方法とは?


これから一般賃貸経営をして本当に大丈夫? 長期賃貸保証こそ大きな問題です。不動産投資で利益を出すことが難しくなる中、待機者多数、社会貢献も含めた障害者グループホームへご協力頂ける障がい福祉へご賛同頂ける方を募っております。


危険なアパート経営に関しての詳細は、以下HPよりご確認ください。東京都大田区にて障害者支援を行いつつ、新たな賃貸経営スタイルを提案しています。


株式会社ビーテック 一般社団法人ソーシャルマネジメント


私共では、障害者の療育・教育支援から企業就労定着支援、また、障害者グループホームの建設から運営までを行い、自立支援をサポートするプロ・スペシャリスト集団です。


『税金を支払える人を一人でも多くつくりだす』を理念に障害福祉に明るい未来を創造しております。


土地持ちのオーナー様必見 あなたの賃貸計画は大丈夫??