結局泣くのは、賃貸住宅、アパートオーナー

2018年 12月28日   市場動向とニーズ分析


売ることが先行せざる得ない
アパート、賃貸オーナー向けの営業マン。

しかし、その犠牲になるのは結局は賃貸住宅、アパートオーナー
と言えるのではないでしょうか?

結局泣くのはオーナー? 動画解説
https://www.youtube.com/watch?v=vaWgB-a9Kpo&list=PLjMrAOVpg2548lanQnXD16rPdLNOlc4DP&index=24&t=50s

一般的には
不動産投資家さんの場合は、市場動向を考えています。
(それでも無知な方は騙されてしまっていますが・・・)

しかし、土地持ちのオーナーの場合、
正確に言うと、不動産投資家であれ、土地持ちのオーナーであれ
不動産投資の専業でない場合、(いわゆる副業)
本業に時間が取られるため
細かな分析をしていない方が殆どかと
思われます。

そうなると営業マンが作成した
理想の収支計画表を信じて多大なローンを組まされる
ということになり、泣かれているオーナーが
この日本国には沢山いるのです。

これを読まれている方には
そうなってほしくはありません。
その為に、失敗しない賃貸住宅・アパート経営の為のステップを
お伝えして参ります。